快適な住居

家の内装

注文住宅を建築する際に重要なのが建築会社選びです。どの建築会社を選択するかによって完成する住宅や注文の自由度が大きく異なるからです。しかしこの建築会社選びが難しいのです。ハウスメーカーや工務店を選択しようとしている人の多くは複数の会社で見積もりを取り費用を比較します。しかしこの費用を比較して単純に安いからと建築会社を決めてしまうのは後悔の元なのです。 注文住宅においては使用する材料やそのグレード、質によって全く費用が異なります。特に木造住宅において使用する木材の質によって木材の単価で考えた場合倍近くも違うケースがあるのです。こうしたケースを一概に比較することはできません。ですから複数の業者の見積もりを取った場合に単に価格だけを比較するのではなく項目や使用している材料や商品のグレードを考慮したうえで見極めることが重要です。

注文住宅の建築において大体同じ間取りで見積もりを依頼しても工法や設備のグレード、使用している材料により費用が大きく異なります。このように複数の建築会社の見積もりを比較してどちらの建築会社のコストパフォーマンスが優れているかを判断するのは建築業界に携わるプロでも難しいのです。ほとんど知識がない素人にこうしたことを見極めるのは非常に困難なのです。とはいえ極力建築会社の見積もりを他の建築会社に丸々提出して判断を仰ぐことは避けるべきです。契約を結ぶ、あるいは結んだというタイミングでその会社の担当者と信頼関係ができている場合は別ですが、交渉をしている段階で値引きのために他社の見積もりをそのまま提示するのはあまり建築会社の担当者からしても感じの良いことではなく信頼関係を築きにくい行為といえるのです。注文住宅は人と同じということがなくインターネットなどでも見積もりの詳細を調べることが難しいですが、項目に関して疑問がある場合にま見積もりを提示してくれた建築会社に確認することでその建築会社を判断する基準にもなりうるのです。