一戸建てか、賃貸か

フローリングの部屋

新築の家を手に入れるべきか賃貸の物件で我慢するべきかという選択肢は賃貸物件に住んでいて家庭を持っている人を悩ませる問題だと思います。日本経済の問題、雇用の不安などの事を考えてしまうとどうしても自分の家を手に入れるということに臆病になってしまうのもしかたのないことです。 しかし、そんな人達に自分の家を所有したいのかと尋ねれば殆どの人がほしいと答えるはずです。つまり、自分の家は所有したいがこれから先のことが不安だから家を所有することを我慢するというのが本音なのです。 将来の不安ということに拍車をかけるのが、地価の低下問題などです。もちろんこの問題は重要な事ですが、少し考えてみれば、家は資産という考えを過剰に持っているからそういう考えが大きくなってしまうともいえます。

新築の家というものは、所有していることで、資産的にこれから得をするか損をするかなどということを考えるものではありません。 重要なのは新築の家を手に入れたご自分と家族がその家で幸せに暮らしていくことです。資産という意味での損得勘定は新築の家では考えても意味が無いことで、考えるべきことは、今後数十年間その家を手にれて幸せに暮らしていけるのかという幸福感です。 この幸福感とは、新築の家を手に入れてからの数十年という長い未来の設計図をしっかりと書けているのかであり、それぞれの家族が望む将来にとってどのような家を所有することがもっとも幸せなのかを考えることです。 家というものはその家族の長い人生にとって大きな位置を占めるものであり、将来の資産価値などで決めることではないということを考えてみてください。