住宅も気密性

屋根裏部屋

お洒落で住心地の良いデザイン住宅を建ててもらいたい方はこちらのサイトをチェックしてみてください。住宅業者の選び方が載っています。

高気密住宅とは、建具や天井などの隙間を極力少なくした住宅の事です。一方、高断熱という言葉も使われますが、これは壁や床、天井などに断熱材を使用して熱が伝わるのを少なくすることです。この両方を兼ね揃えた住宅では、高断熱・高気密性住宅と呼ばれており、日常生活を快適に過ごすことができる様々なメリットが生まれます。 この高気密住宅を建てたいと思う場合には、高断熱や高気密構造を公に宣伝したハウスメーカーや工務店に依頼しなければなりません。しかし、高気密の基準は設けられているものの、一般人には理解や比較困難な数値となっています。いくらハウスメーカーが気密性に優れていると謳っても、実際に住んでみないと分からない点もあります。やはり高気密住宅に関する知識をはじめ、ハウスメーカーや工務店の特徴を可能な限り調べる事が、高気密住宅を建てるときの第一歩となります。

高気密性で得られるメリットは数多いです。昔の家のつくりと比較した場合、一番理解しやすいのが冬の風通しです。気密性が高いほど外気の風を通さず暖房の熱も逃げにくいです。このことから室温調整にこだわりたい方や冷暖房の消費電力を抑えたい方には望まれる構造となります。 通常、窓ガラスでは外と室内の冷暖気の作用によって結露が生じます。高気密性であれば結露の発生を抑える事が可能であり、気密性が非常に高ければ全く結露しないといっても過言ではないほどの効果が現れます。結露が気になる、掃除が大変、カビの発生をなくしたいという方にも望まれます。 他にも、騒音が気になる、室内からの音を出したくないという方にも防音効果が期待できますし、埃や花粉、火山灰などの侵入を極力抑える事が出来る構造とも言われています。 高気密住宅では、過ごすしやすさに関わるメリットが非常に多いものとなります。

一戸建てか、賃貸か

フローリングの部屋

新築か賃貸家の悩みは多くの人を悩ませています。経済問題、雇用不安といった不安が常につきまとい、いつ自分が憂き目に合うかもわかりません。将来的な不安と闘いながら埼玉で物件をえらびましょう。

Read more

デザイン住宅帳

広いキッチン

デザイン住宅が人気を集めています。デザイン性を重視した住宅の事で、機能性、実用性、デザイン性の3ポイントが非常に優れた住宅になっています。せっかくの新築なので、デザイン拘りたい方は多くいます。

Read more

職人の大工

工事現場と作業員

宮大工は、通常の大工と比べても熟練した高いスキルが必要になるためお給料も高くなっています。釘や金具を使わない工法で、神社や仏閣の建築や修繕を行なっている為、修行期間も相当長いものになります。

Read more

快適な住居

家の内装

注文住宅を建築する際に、重要な物は建築会社です。建築会社に因っては、希望通りの注文住宅が出来るかどうかが大きく変わってしまいます。自由度の高い住宅づくりのためにも、建築会社選びが大切です。

Read more